• ホーム
  • ゲスターゲンを利用したピルで安心のセックス

ゲスターゲンを利用したピルで安心のセックス

思春期以降の男女が交際すれば、そこにはセックスが付き物です。
セックスは本来子孫を残すための行動です。
そのため、セックスをするということは、当事者たちが望む望まないに関わらず妊娠する可能性が生じます。
一般的な避妊の方法としてはコンドームの着用です。
しかし、コンドームを着用していても必ず成功するわけではありません。
本来、挿入前に装着しなければならないにもかかわらず一旦挿入した後で装着したり、挿入して動いている最中に破損してしまったりすることがあります。
これらはすべて妊娠する可能性があります。
そのような避妊の失敗という事態を防ぐために用いるのがピル(経口避妊薬)です。
ピルはゲスターゲンという黄体ホルモンともいわれる女性の生殖に関わる物質を利用しています。
このピルをきっちりと適切に利用していれば99%の確率で避妊に成功します。
また、ピルにはほとんど毎日服用する低用量ピルと主に避妊失敗時に服用する中用量ピルがあります。
どちらもゲスターゲン等の黄体ホルモンを用いた薬ではありますが、中用量ピルの方が量が多く副作用などが出やすいです。
普段から利用するものは低用量の方です。
こちらも利用開始時には副作用が出ることがありますが、1カ月程度の内に収まります。
これを服用している限り排卵は無いので、セックスしていても妊娠することは基本的にありません。
妊娠するとすれば服用の仕方に問題があった場合です。
セックスは妊娠のリスクが付き物ですが、ピルを服用することで望まない妊娠を気にすることなく安心して楽しむことができるようになります。
ただし、あくまで避妊が目的の薬なので、性病の予防には基本的になりません。
その点に注意が必要です。