• ホーム
  • モーニングピルを病院で処方してもらう

モーニングピルを病院で処方してもらう

普段は低用量ピルの服用で望まない妊娠がないように避妊しているけれど、飲み忘れて行為に及んでしまったという事態が起こらないとは限りません。
そんな時、妊娠していませんようにと神に祈って待つしかないのでしょうか。
実はある方法で9割着床を防ぐことが出来るのです。
それがモーニングアフターピルの服用です。
これはアフターと名がつくように、行為があった後に飲む避妊薬で、24時間以内に飲むことで9割は着床を防ぐと言われています。
低用量ピルと同じように婦人科などの病院で処方してもらうのが基本です。
いつも低用量ピルを出してもらっている病院で処方してもらうのがベストでしょう。
24時間以内に病院に行けて尚且つ出してもらえればいいですが、時間が過ぎてしまうこともあるでしょう。
72時間以内に服用するといいと言われていますができれば24時間以内に服用したいところです。
万が一に備えて持っているといいかもしれません。
いつもの病院で緊急用として出してもらってもいいですし、それが嫌なら通販という方法もあります。
種類もいろいろあるので、自分が気に入ったものを買うといいでしょう。
モーニングアフターピルで着床を防げるのは強制的に生理を起こさせるからです。
ホルモンを操作することで生理を起こし、その結果着床を防ぐというわけです。
そのため普段よりも生理が重くなったり、気分が悪くなる副作用が現れる可能性もありますが、命にかかわるような重篤な副作用はないと言われているので安心して飲んで大丈夫です。
ただ、これを飲めば妊娠を防げるからと、避妊しないでの行為を繰り返すのはもちろんやめた方がいいでしょう。
モーニングアフターピルは緊急時に使用するものであることは忘れないことです。