• ホーム
  • 自由診療での実費や吐き気などのピルの注意点

自由診療での実費や吐き気などのピルの注意点

笑顔の女性

ピルは避妊薬としてよく知られていますが、近年では避妊以外の効果を期待して使用する女性が増加しています。
1日に1錠を服用するだけで誰でも簡単に使用することができます。
まずは、避妊薬としては99%以上の高い効果があります。
また、生理前になると下腹部痛や下痢や便秘、イライラなどの症状を緩和する効果があります。
出血量が多い、生理不順などの症状を軽減する効果もあり、生理時の悩みが解消されます。
ピルには女性の体内にある女性ホルモンと似た成分が配合されています。
服用すると妊娠したような状態になり、精子の着床を防ぐことができるため避妊効果があります。
また、生理の時は女性ホルモンのバランスが乱れ様々な症状が出ます。
ピルを服用することでホルモンバランスが整い生理時の不快な症状が軽くなるのです。
利用してみたいけど副作用が心配という方も多いのではないでしょうか。
個人差はありますが、ピルを服用してしばらくは吐き気や乳房の張り、少量の出血がみられることがあります。
しかし、このような症状は服用した初期のころに出るもので次第に治まってくるようになります。
避妊効果や生理の悩みを解消するだけでなく、生理と旅行などのイベントが重なるときはピルを利用することで生理の時期をずらすこともできます。
さまざまな効果があるピルですが、医師の処方箋が必要な薬で自由診療となっています。
すべて実費になりますので使用する際は注意してください。
効果はそのままで副作用を極力少なくするような配合がされた超低用量ピルも開発されていて、吐き気などの症状を感じていた方でもかなり軽減されるものとなっています。
ピルには血液を固まりやすくさせる副作用もありますので高血圧などの症状がある方は、医師に相談してから利用することをお勧めします。

サイト内検索
人気記事一覧