• ホーム
  • 避妊を希望するときはこのピルが処方されます

避妊を希望するときはこのピルが処方されます

薬を飲む女性

コンドームは避妊の成功率が高いとされていますが、敗れてしまうこともあります。
より確実に避妊したいという場合、低用量ピルを利用すると良いでしょう。
低用量ピルは生理周期を遅らせたい場合や生理痛を軽減したい場合などに使われることもあります。
また、卵巣がんや子宮体がんのリスクを下げる効果や子宮内膜症を軽くする効果などもあると言われています。
卵巣がんというのはなかなか症状が出ませんし、見つかった時にはかなり進行していることが多くなっています。
子宮内膜症は不妊症になってしまうこともあるため、低用量ピルを使ってリスクを下げると良いでしょう。
低用量ピルは安全性の高い薬と言われていますが、全く副作用が起こらないわけではありません。
吐き気や頭痛などつわりに似た症状が起こることもあります。
しかし、このような症状は一時的なものですし、飲み続けることで気にならなくなるでしょう。
処方されたピルの種類によってはイライラや鬱などの精神的な症状が出てしまうこともあります。
このような副作用が出てしまった場合、その低用量ピルが体質に合わなかったことが考えられます。
体質についてはどうすることもできませんし、他の低用量ピルにしたり漢方薬を飲んでみると良いでしょう。
また、飲み始めは体が慣れていないこともあるため、ある程度服用を続けてみることが大切です。
低用量ピルは正しく服用することにより、ほとんどの確率で避妊に成功すると言われています。
避妊効果を維持したいという場合、飲み忘れないように注意しましょう。
決まった時間に毎日1錠ずつ飲むことが大切であり、時間については好きなタイミングで問題ありません。
1日以内に飲み忘れた場合は気づいた時点ですぐ飲むようにすることが大切です。