公開履歴
    白い薬とさからの花

    ピルというと望まない妊娠を予防する避妊効果が主な効果だと考えられがちで、実際のところ避妊ピルの一番大切な効果は避妊効果であるというのは間違いの無いことでしょう。
    しかしピルには避妊効果以外にも様々な効果があり、まず挙げられるのが生理不順をはじめとする生理に関連する症状の緩和です。
    生理のペースが乱れてしまっている、生理痛がひどい、生理前症候群に悩まされるといった女性特有の諸症状はかなり苦しいものになるでしょうが、このピルは一時的に生理を止めることが出来ます。
    生理が止まってもピルを飲むのを止めれば体は元のリズムに戻りますから、生理のペースをリセットして症状を改善する効果が期待できるのです。
    加えて生理を停止するということは妊娠に関連する人体機能を動かさないことになりますから、子宮内膜症などの病気を予防する効果も期待できます。
    既に子宮内膜症を発症している場合であっても子宮内膜症の進行を食い止める効果があるということが明らかになっているため、子宮内膜症と診断された人が一時的な対症療法としてピルを処方されるケースも少なくありません。
    またこのピルは女性ホルモンが主成分となって作られているため、女性ホルモンの補充ということでも役立ちます。
    女性ホルモンを補充することによって得られる効果としては多毛症の改善やニキビなど肌荒れの改善があり、こうした効果も、副次的なものではありますが注目するべきポイントと言えるでしょう。
    その他長期服用によって骨盤内感染症の予防や子宮体がんの予防といった効果も得られますから、計画的に妊娠をしたいと考えている人が服用する意味はかなり大きいです。
    最近では日本国内の産婦人科で広く処方されるようになっているため、もしメリットを魅力的と考えられるのであれば一度相談をしてみると良いでしょう。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索
        人気記事一覧